09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

人気資格を取得しよう!

2007.07.12 (Thu)

私は昨年の今頃、経理の学校に通っていたの。
なぜ、経理を選んだかというと、どこの会社でも経理は必要不可欠だから。
特に、近年は、国際会計基準を視野に入れて日本の会計基準も見直しがすすめられているの。
以前、技術職として働いていたときと別の世界も勉強してみたかったし、入学を決意しました。
実は私、入学する前から、簿記3級レベルの知識があるって思ってたの。
7年間SEとして会計ソフトにも携わってきてたから、簿記の概要や会計処理の流れは分かってるつもりだったの。
でも、学校に入学して、問題集や過去問を解くと、知らないことばかり

簿記3級って、年間25万人もが受験する人気資格。
簿記 試験自体は決して難しくないんだけど、日本語が難しいんだよね~。
同じような問題でも、微妙な言い回しで、解き方が変わってくるの(×_×;)
いつも、「この問題、何が言いたいわけ??」って逆キレしながら、問題を解いてました

そのせいもあって、簿記3級の合格率は平均40%!
回によって変動もあって、過去には合格率10%を切ったときもあったみたい。
私は、学校のおかげで簿記3級と簿記2級を取得することができたんだけど、独学だったら、つまづいてたと思うんだよね。

簿記 資格の勉強って、テキスト選びや勉強方法が大事だと思うの。
私のように時間があれば学校に通うのもいいし、簿記 通信もいいと思うんだよね。

簿記 通信で言えば、四谷学院の簿記3級講座は、簿記を初めて学ぶ人のために作られた、自宅学習教材の決定版。
簿記のことを全く知らなくても、マンガを読むような感覚で簡単に取り組めるんだって!
テキストだけでなく、簿記界のカリスマ講師のDVD特別授業も視聴できるの。
DVDを見ながら、重要ポイントを理解すれば、簿記の独特のルールもスムーズに身につけることができるよね!

テキストも、250点を超えるイラスト・図解でわかりやすさ抜群。
添削問題や過去問題など圧倒的な問題演習量なので、簿記3級一発合格を目指せるみたいですよ!




---------------------------------------------

---------------------------------------------
12:30  |  紹介 キャンペーン  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

コメント

こんにちわ(^-^)ノ

マイペースで頑張ります☆
簿記は確かに逆切れしそうな問題がありますよね(笑)もう今では経理よりも接客とかの販売のほうがどちらかと言えば向いていることに気づいたんですけど。資格中身を覚えていたらいいけどほとんど忘れてしまいました~★
こんろ |  2007.07.12(木) 13:43 | URL |  【編集】

こんろさんへ

そうそう!マイペースが一番♪
何が自分に向いてるかなんてやってみないと分かんないよね~。
私は、「これ!」ってのが無いんだよね・・・
どれも、合ってないような(´-ω-`)
りんりん |  2007.07.12(木) 14:58 | URL |  【編集】

簿記かぁ~~

やっぱ必須の資格ですかね~。
私もとろうと思っているんですが、まだとっていないんですね。

本を買ったものの10pぐらいしか進んでいないので、こういったところできちんと通うといいですね!
tekketeke |  2007.07.12(木) 22:24 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.07.13(金) 06:29 |  |  【編集】

tekketekeさんへ

tekketekeも簿記資格の取得を考えてるんですね!
次の試験は11月だね♪
私の周りにも、独学で一発合格した人はいましたよ。
でも、その人たちは、独学に長けている人たちばかり・・・
私には無理です(×_×;)シュン

試験合格への道のりは、過去問をどれだけ解くかにかかっているので、頑張ってね!
りんりん |  2007.07.13(金) 11:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://fc2rinrin55.blog98.fc2.com/tb.php/511-278b479d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |