09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

絹麗粋(けんれいすい)トライアルセット☆

2011.12.07 (Wed)

セーレンのモニターに参加しています♪

セーレンさんのモニターとして
絹麗粋(けんれいすい)トライアルセットをお試ししました

TDSC08635.jpg
heart_p.gif 絹麗粋(けんれいすい)トライアルセット
   1.モイスト-クレンズ-リキッド(メイク落とし)  30ml
   2.モイスト-クリア-ソープ(洗顔石けん)     10g
   3.プレ-モイスト-アクア[リッチ](柔軟化粧液)  30ml
   4.マルチ-モイスト-セラム[リッチ](美容乳液) 20ml
   5.モイスト-アップ-ヴェール[リッチ](保湿クリーム) 5g

  価格:2,000円(税込)

絹麗粋(けんれいすい) は、
繭から抽出される天然タンパク質「セリシン」を配合した
エイジングケア化粧品。
総合繊維メーカーのセーレンが「セリシン」を発見し、
研究、化粧品の開発を進めてきました。

天然美肌成分「セリシン」が、
「ターンオーバー促進効果」、「美白効果」、「保湿効果」を
もたらせます。

TDSC08628.jpg
TDSC08631.jpg
「ハリ・シワ・シミ」の悩みに着目し、
肌の悩みに合わせて選べる3シリーズ。
天然美肌成分「セリシン」と厳選された美肌成分が
年齢肌の悩みにアプローチします。
私は、シワに注目「リッチシリーズ」をお試ししました。


 モイスト-クレンズ-リキッド(メイク落とし) 
TDSC08644.jpg
とろりとしたテクスチャ。
オイルフリーのリキッドタイプで、
メイクなじみも良く洗い流しも楽ちん。
シダーウッドのような香りで、清々しい癒し系。
香りやリキッド感が私好みで気に入りましたにこ
スッキリ洗い流せるのに、つっぱりません。

 モイスト-クリア-ソープ(洗顔石けん) 
TDSC08641.jpg
メイク落としと洗顔石けんは、全シリーズ共通。
小さいのに溶けにくく、扱いやすい石けんだと思います。
洗い終わった後も、スッキリ&しっとり。
ややさっぱりした使い心地です。

 プレ-モイスト-アクア[リッチ](柔軟化粧液) 
TDSC08647.jpg
とろりとした美容液のようなテクスチャ。
保湿力が高く、ふっくらもちもちした肌になります。
ハンドプレスをしても化粧水がお肌に残って
なかなか次のステップに進めず。。。
コットン使用の方が無難でした。

 マルチ-モイスト-セラム[リッチ](美容乳液) 
TDSC08649.jpg
とろりとしたテクスチャ。
伸びが良く少量でOKです。
こちらもお肌に乳液が残り、なかなかなじまず。。。
少しべたつきが気になりました。

 モイスト-アップ-ヴェール[リッチ](保湿クリーム) 
TDSC08654.jpg
なめらかなクリーム。
お肌がふっくら柔らかくなりました。
お肌もべたつかずしっとり。


全5アイテムを約1週間使いましたが、香りに癒されました~♪
香りを押し出したタイプでは無いのですが、
ほのかに香る香りがほんとに私好みでパンダ
特に、メイク落としがお気に入りです。

気になったのは、化粧水と乳液のべたつき。
メイク落とし、石鹸、クリームの使用感は良かったのですが、
化粧水と乳液は、なかなかお肌に浸み込まなくって。。。
以前BAさんから言われた
「肌のキメが整っていない状態では、
水分・油分が浸透されず肌に残ってしまう。」と
言う話を思い出しました。

シワに着目した「リッチシリーズ」よりも、
ハリに着目した「リファインシリーズ」の方が
合っていたのかも知れません。
トライアルセットを使ってみて、
自分のお肌に合うシリーズを見つけるのがおススメですにこ


clover 絹麗粋(けんれいすい)トライアルセット購入ページ





---------------------------------------------

---------------------------------------------
12:14  |  体験レポ コスメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://fc2rinrin55.blog98.fc2.com/tb.php/1837-dc5bf0ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |